BOUTIQUE

フランス・マルセイユで誕生した「CHARLIE JOE」は、天然素材を多く用い、その肌触りや着心地を大切にしているブランド。デザイナーが世界を旅して感じたこと、本や音楽から受けたインスピレーションをクリエーションソースにしています。拠点を置く地中海エリアの開放的なムードと、ボヘミアンでエキゾチックな空気感が融合したそのデザインは、世界の手工芸品に対する飽くなき情熱と、古くから受け継がれるクラフツマンシップへのリスペクトが生み出したもの。生産は主にインドネシアのバリ島とインドで行っており、現地の作り手たちの織物への深い造詣や、刺繍や手染めの技術の高さがクリエーションに反映されています。また、良好な労働条件を提供することで、彼らに敬意を払っているのはもちろんのこと。さらには毎年開催しているイベントの収益をマルセイユのパオリ・カルメット研究所に寄付し、それは乳がん治療の研究のために役立てられています。

1960-70年代のフラワーパワームーブメントの精神を根底にもつ、ボヘミアンファッションブランド「MAISON HOTEL」。平和、愛、自由、自然、そして音楽を大切にしたヒッピーたちのスタイルをモダンにアップデートした、太陽の下でのんびりと過ごせる服を提案し続けています。インドの職人が手がける繊細な刺繍、絞り染めやスクリーンプリントの伝統技術は、人の手による優しさや温もりを後世へ繋いでいくための宝物であり、長く大切にしたいと思わせてくれる要素となっています。

柔らかな色使い、ふわふわのテクスチャー、そして作り手のエネルギーが伝わってくるような温もり。着心地も優しいニットというアイテムは、CHICABAにとって重要な意味を持つ商品です。CHICABAのお客さまにも人気の「MAISON HOTEL」はインド製の布帛アイテムで知られますが、実はイタリアで作られているニットも多彩な編み地の組み合わせが素晴らしく、ぜひ手に取っていただきたい一点。そのほかにも、天然素材の洋服にスタイリングした際に立体感を出してくれる、魅力的なニットをたくさん取り揃えました。

伝統技術を用い、人の手によって作られる刺繍や装飾、プリント。CHICABAでは、一つ一つ丁寧な工程を経て生み出されるプロダクトが持つ温かさ、そこから伝わってくる作り手の熱意を大切にしたいと考えています。CHICABAの核をなす「MAISON HOTEL」や、今シーズンから買い付けをスタートした「CHARLIE JOE」は、そんな私たちの理念を体現しているブランド。古くから大切に受け継がれてきた技法やフィロソフィーを守り、次へ繋いでいきたい、という思いも込めて提案しています。

ファッションの世界で長く一線を走ってきた河原拓也さんによるリーバイス501のリメイクデニムは、ユーズドならではの個性を活かしてモダンなデザインを、計算し尽くされたパターンによって履き心地のよさを実現。廃棄されるはずだったものを、唯一無二のアイテムに再生させるセンスと技術に感動させられます。

フランス出身の男性二人が立ち上げた「VEJA」の生産拠点はブラジル。ポルトガル語で「見る」という意味を持つスニーカーブランドは、その名の通り透明性にこだわる物作りで売り上げを伸ばしています。仕入れ先のオーガニックコットン農家とは、収穫前に50%支払いをするフェアトレードを行い、ゴムの木と共存しながら生ゴムを作るブラジルの生産者など、環境に配慮した素材を調達し、時には開発にも携わる。また、大手企業ならば広告やマーケティングに充てる予算を、生産者や従業員に投資するなど、未来を見据えて社会的責任を果たそうというスタンスに共感します。もちろん、シンプルでモダンな商品のデザインが魅力的なのは言うまでもありません。